人間ドックで検査しておきたい消化器検査

消化器に関係する病気による死亡者が急増しています。

特に大腸がんについては胃がんに並ぶほど死亡原因として高い水準にあります。



これらの病気は早期発見でかなりの確率で治療が可能と言われていますが、症状が出にくいとも言われており、発見が遅れてしまう方が多いようです。

病気の早期発見には日頃の生活スタイルで異常を発見できるかによりますが、人間ドックの利用も効果があると言われています。



人間ドックでは胃や大腸などの病気を早期発見することが目的となりますが、ガンの発見が目的であれば通常の人間ドックのコース以外に各種オプション検査がおすすめです。

特に発症者が増えている大腸がんについては検便などによる検査だけではなく、腸のカメラ検査などがとても有効です。

大腸のカメラ検査ではポリープの発見や初期のポリープならその場で処理もしてくれますので大腸の状態把握にはとても効果があります。

大腸がんについては家族に大腸がんになった方がいる場合や潰瘍性大腸炎やクローン病などになったことがある方は定期的な検診がとても重要です。


市町村や会社での集団検診では便潜血検査のみであることが多く、特に40台後半から発症率が上がると言われていますのでカメラによる診断はとても大事になってきます。

人間ドックの情報ならお任せください。

一般の病院でも行われている事が多い検査ですが、時間がかかることが多く、予約も取りづらいので人間ドックなど検査専門の施設での検診が手軽でおすすめと言えます。