自毛植毛の特徴について

subpage01

植毛には人工植毛と自毛植毛がありますが、合成繊維から作られる人口毛は比較的安い費用で植毛することが出来、イメージ通りの髪形を作ることができます。
しかし自然な毛ではないため時間が経過することで周囲の毛との調和がとれず違和感を感じさせ、またメンテナンスのために植毛数年後に再び人工植毛をする必要があります。
それに対し自毛植毛は毛髪の多い部分でもある後頭部や側頭部の毛を薄毛で悩む部分に自身の毛を植毛するため、拒絶反応が起こりにくく、時間の経過とともに白髪になったり生え伸びたりすることが特徴です。

そのため植毛後の安全を考えると自毛植毛の方が安心できると思えますが、植毛をするためには外科的手術を必要としますし、またその費用も植毛の本数によっては100万円を超えることもあり、非常に高価になるため決して安易に行える植毛方法ではないかもしれません。
しかし薄毛治療のクリニックによっては高額な支払いを可能にするため医療ローンに対応していたり、クレジットカードでの支払いが可能にもなっていますので、興味を持ったらまずはカウンセリングを受けると良いでしょう。



カウンセリングでは頭皮の状態の確認や治療の方針だけでなく、必要になる費用の目安や支払い方法なども詳しく説明を受けることができます。



自毛植毛を受けたいが費用の面で悩んでしまう場合は、まずはカウンセリングで相談してみると良いでしょう。しかしクリニックによっては医療ローンを取り扱っていない場合もあるので、その際は他のクリニックで相談する必要があります。